ワディ・アル・ヒタン

ワディ・アル・ヒタン

みなさんは「ワディ・アル・ヒタン」という世界遺産をご存じでしょうか?

「ワディ・アル・ヒタン」は2005年にユネスコの世界遺産に指定された自然遺産であり、エジプトで唯一の自然遺産です。

「文化遺産」のみを見るとかなり豊富な自然環境があるように思われるエジプトですが、意外にも国内にある自然遺産はこのスポットのみ。

貴重な自然遺産であるこのワディ・アル・ヒタンは、エジプトのファイユーム県に位置しています。

日本語で「クジラ渓谷」を意味する名称がつけられたこの地は、クジラの化石が多く検出されるスポットであり、考古学調査がさかんにおこなわれているスポットとして有名です。

エジプトに季候や独特の地形を知っている方は「クジラの骨がどうしてこんな砂漠地帯に?」と驚かれるかもしれません。

しかし実はこの世界遺産の一帯には、かつて広漠とした海が広がっていたのです。

「新生代古第三紀」という時代まで遡るのですが、この時代に築かれた堆積層がこの世界遺産の地域一帯を創り上げており、「テティス海」と呼ばれる浅い海が広がっていた頃に蓄積した小石や砂などが表出し、目に見える形であらわれているのが、この世界遺産の大きな特徴なのです。

4000万年も前の時代に生きていたクジラバシロサウルス科)の他に亀の化石やサメの化石も発掘されるこの世界遺産は、現代の科学に大きく貢献している世界遺産なのですが、ただ周辺を歩くだけでも探検しているような気分を味わうことができるので、化石や海の動物が好きな方はぜひ観光してみましょう。

ちなみにこの世界遺産で発見されるクジラの化石は非常に巨大な姿をしており、「バシロサウルス・イシス」という種類などは何と全長二十一メートルもあるクジラであったと言われてます。

他にも面白い化石が続々で出てくる世界遺産として知られてるので、考古学に興味のある方にはかなりおすすめです。

上記のバシロサウルスの他にも、バシロサウルスの近縁であるドルドンなども見つかっているので、古来のイルカやクジラを進化論の目線から見てみたいという方も、ぜひとも観光してみてください。

また、この地域は非常に乾いた季候が広がっているので、コンタクトレンズを着用している方はかなり目が乾いてしまいます。

目薬を持って行くかメガネで行くかのどちらかにしないと、せっかくの観光が台無しになってしまうのでくれぐれもご注意ください。

熱気にやられないように、帽子などを着用の上で見学に臨みましょう。